特定健診

「高齢者の医療の確保に関する法律(平成20年4月施行)」に基づき、特定健康診査・特定保健指導の実施が義務づけられました。
特定健康診査・特定保健指導は「メタボ健診」ともいわれ、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目し、生活習慣病の予防を目的として行っています。

※基本的に定期健診(労働安全衛生法)・生活習慣病予防健診・人間ドックの検査項目には特定健診の項目が含まれています。

対象者

40歳~74歳の被保険者・被扶養者(受診する年度内に40歳を迎える方。)

実施期間

年1回(4月~翌年3月)

検査項目

基本部分(全ての項目が実施されて、初めて特定健診の実施とみなされます。)

計測 身体計測(身長・体重・BMI・腹囲)・血圧測定
診察 質問(問診)・理学的所見(身体診察)
血液検査 脂質 中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール(※1)
血糖
(※2)
空腹時血糖またはHbA1c
肝機能 AST(GOT)・ALT(GPT)・γ-GT(γ-GTP)
尿検査 尿糖・尿蛋白

※1)中性脂肪が400mg/dl以上もしくは食後採血の場合は、LDLコレステロールの代わりにnon-HDLコレステロールでも可とする。

※2)やむを得ず空腹時以外においてHbA1cを測定しない場合かつ食直後を除いた場合に、随時血糖(食後3.5時間以上10時間未満)による血糖検査が可能。

医師が必要と判断した場合に選択的に実施される詳細部分

血液検査 貧血 赤血球数・血色素量・ヘマトクリット値
腎機能 血清クレアチニン および eGFR
その他 心電図検査・眼底検査

実施方法

被保険者は、基本的に定期健診(労働安全衛生法)・生活習慣病予防健診・人間ドックの検査項目に特定健診の項目が含まれています。

※生活習慣病予防健診や人間ドック等を受診される場合は、特定健診の受診は不要です。

費用

自己負担額は0円です。

お申し込みはこちら

被扶養者(ご家族)の方がパート先などで受けた健診の結果をご提供ください!

ご家族(被扶養者)の方がパート先などで(定期)健康診断を受けられた場合、その健診結果の写し(データ)を提供いただくことによりiDA健康保険組合が行う特定健診を受けなくても実施済とみなされ、健診受診率に反映されるため、是非ご協力お願いします。