(市販薬) OTC医薬品の斡旋について

2022年11月16日
(市販薬)OTC医薬品の斡旋について

セルメディケーションとは
 自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てするということです。
 以下のようなことがWHOで提唱されています。

1.適度な運動、バランスのとれた食事、体調の管理の継続など日頃から健康を意識することが重要である。
2.軽度な体調不良は自身でOTC医薬品を購入して対処することが望ましい。


☆セルフメディケーションを適切に奨めるためには・・・・
1. セルフケアの推進(健康に関する関心・正しい理解と予防健康づくり推進等)
2. OTC医薬品の適切な選択・使用に関する相談への対応としてかかりつけ医、健康サポート薬局、かかりつけ薬剤師・薬局の普及促進
3. OTC医薬品の分かりやすい情報提供


☆スイッチOTC医薬品を購入するとセルフメディケーション税制の対象となりお得です。
スイッチOTC医薬品の年間購入金額が1万2千円を超えた場合に、超えた金額(上限は8万8千円)をその年の総所得金額等から控除する仕組みの対象となります。
 なお、医療費適正効果があると考えられる薬効についてスイッチOTC医薬品以外の成分にも対象を拡大しています。
 具体的には、外用鎮痛消炎剤、解熱鎮痛剤、鎮咳去痰剤、かぜ薬、鼻炎用点鼻薬、鼻炎用内服薬、抗ヒスタミン薬やアレルギー用薬です。


※軽度な体調不良などはOTC医薬品等を上手に利用して健やかな毎日にしましょう!